banner

レーシックとは?

そもそも『レーシック』とは何なのでしょうか?
『角膜矯正屈折手術』の一つで、目の表面の角膜に混合ガスを用いてレーザー光を発生させる装置(エキシマレーザー)を照射し、角膜の曲折を変えることによって裸眼の視力を矯正する手術のことです。近視などの場合、眼鏡やコンタクトで矯正する方法しかなかったのですが、90%以上の人が視力が1.0以上に矯正されるという事で、アメリカから広がっていき、2000年くらいから日本でも耳にすることが多く認知されてきました。
今はまだ手探りな状態ですが、これからの子供たちには当たり前のようになり、眼鏡をかける人は少なく、いやいなくなるかもしれません。
ただ、欠点もあり現在ではあまり認知されていないこともあるのか、眼鏡を利用していても一定以上の度数があれば、パイロットになることができますが、レーシックなどの屈折矯正手術を受けた人はパイロットの受験資格がありません。合併症も伴う場合もあり、レーシックによって視覚障害を起こしてしまった被害者の会も存在しているのも事実です。レーシックについて、自分で詳しく理解をしたうえで、夢にまで見た、眼鏡やコンタクトの矯正をしなくてもいい生活に戻ってみたいものです。

Copyright(c) もうコンタクトはしたくない!!そんな私の視力回復方法. All Rights Reserved.