banner

レーシックの種類A

○「RPK]レーザーで角膜の上皮を取り除いてからエキシマレーザーで屈折矯正を行う方法です。フラップを作成しないので、激しいボクシングなどのスポーツを行う方や職業上、目にけがをする可能性のある方に向いています。
○「ウェーブフロントレーシック」エキシマレーザーで屈折矯正を行う前に、細かな光の屈折のズレを解析する器機で、眼球表面の形状を解析を行い、エキシマレーザーでズレを限りなく取り除きます。レーシックより視力回復の質がいいとされています。質の高い視力回復を望まれる方やエキシマレーザーで矯正できない乱視の方にも向いています。
○「エピレーシック」専用の器機を使いイントラレーシックよりも薄いフラップを作成して屈折矯正を行う手術です。角膜上皮のみフラップを作成するので、角膜が薄い方や強度の近視の方、激しいスポーツをされる方にも最適です。
○「LASEK」エタノールなどで角膜上皮細胞を取り除いて、近視・遠視・乱視の度数に合わせてエキシマレーザーを照射する方法になります。角膜厚が足らなくて他のレーシックができなかった人にも対応することができます。
いろいろなレーシックの方法があるので、自分の目にあった方法を病院と相談することがお勧めです。

Copyright(c) もうコンタクトはしたくない!!そんな私の視力回復方法. All Rights Reserved.