banner

アイレーシックの手術方法

「アイレーシック」の手術の方法の流れです。
@「目のデータの細かな解析」レーシックとの違いはウェイブスキャンを用いた細かな目の分析・解析を行う事です。人の目の形状は指紋と同じように人それぞれ異なるので、ウェイブスキャンによって一人ひとりの角膜の歪みに合わせたオリジナルの照射プログラムを作成します。
A「点眼麻酔」レーシックも同じですが、検査データを元に問題がなければ、点眼麻酔を行います。
B「フラップの作成」レーザーを照射してフラップを作成します。
C「屈折矯正」フラップを開いて、適応検査で得られた詳細を元にエキシマレーザーを照射します。
D「消毒」フラップの位置を元に戻して点眼して終了です。
手術時間は、両目で20分ほどで終了します。そのあとも15分ほど安静にしていれば状態が安定してくるので、診察を行い、問題がなければすぐに帰宅ができるのです。
翌日に定期検査を行い、のちの定期検診は1週間後、3か月後とあまり手術後に通わなくていいほど簡単なものです。
費用は、病院にも寄りますが15万円〜30万円ほどのところが多いです。レーシックに比べて倍くらいの金額がするところがほど、質のよいレーシックになりより「くっきり」「はっきり」とした視力の回復を期待できます。

Copyright(c) もうコンタクトはしたくない!!そんな私の視力回復方法. All Rights Reserved.